肌の糖化とは?原因や対策を教えて。効果的なおすすめ化粧品を紹介。

皆さんは肌の糖化という言葉を聞いたことがありますか?糖化と聞いて思い出すのはなんでしょうか。

砂糖や糖分の甘いもの、血糖値や糖尿病など…『糖』とつく言葉にはなんだか体や肌に悪そうなイメージがありますよね。

肌が糖化するとどんな影響がでるのでしょうか。そもそも糖化とは一体どんな現象でしょうか?

今回は肌の糖化について原因や対策、糖化に効果のある化粧品をまとめました。糖化はエイジングケアに大きく影響を与える現象です。エイジングケアについてこれから考えていく方も今現在もケアされている方もぜひ参考にしてみてください。

肌の糖化とはどんな現象?

糖化とは体内で糖とたんぱく質や脂質が結びつき、糖化生成物というものを作る現象のことです。

糖化生成物は老化を促す物質で消化されるのに時間がかかるため一度できると体内にどんどん蓄積されていきます。

体内に消化されないままの余分な糖が残っていることが原因となり糖化生成物が出来ていきます。

例えばパンやケーキを焼いた時、生地の中のたんぱく質と糖分が混ざり合って熱でこんがりときつね色に変化していく過程を誰でも見たことがあるかと思います。人の身体でも同じ現象が起こっており、オーブンの熱が体温だと考えるとイメージしやすいかもしれません。肌の酸化が身体のサビだとすると糖化は身体のこげだとも言えます。

糖化生成物が蓄積されてしまうと体内からどんどん老化が進みそれは肌にも表れるようになっていきます。体や肌が焦げるなんてとても怖いですよね。

肌の焦げ付きである肌の糖化現象は、肌が黄色くすむ黄ぐすみや、肌の透明感の減少、肌のハリや弾力の低下などのエイジングサインの発生の原因となっていきます。美容面以外にも体の場合もだるさやイライラといった身体や心の症状にも繋がっていくのです。

肌の糖化の原因は?

糖化の原因はずばり消化されない糖です。言い換えれば糖分や糖質のとり過ぎが直接の原因となります。

ビールやパン、パスタ、精製された白砂糖が使われている甘いお菓子やジュース、スナック菓子などついつい食べ過ぎてしまう方は糖化の進行が早まってしまいます。血糖値が高い方や甘いものがやめられない方は特に注意が必要です。そして糖化は、紫外線や大気汚染物質の外部刺激も糖化の発生原因になります。こまめに日焼け止めを塗り直したり、汚染濃度が高い日の外出を避けることでも糖化によるリスクを大きく減らすことができます。

睡眠不足も糖化を進める大きな原因の1つです。ゴールデンタイムと呼ばれる夜10時から深夜2時までの4時間は1日の疲れをとり、体の細胞が生まれ変わるもっとも大切な時間です。

その時間帯に眠っていないと細胞の再生はどんどん遅れてしまいます。食生活や生活習慣などの日常生活は、健康面だけではな美容面においてもとても大きな影響を与えているのです。

肌の糖化の対策は?糖化を防ぐにはどうしたらいいの?

糖化を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。残念なことに私たちの生活環境は糖化生成物ができやすい環境で100%で糖化を防ぐことは不可能と言えます。

主食として流通している白米もうどんやパスタ、パンなども血糖値が上がりやすい高GI食品に分類されます。それら食物を全く食べないことは難しいですし、何よりも糖分は脳にとっての唯一のエネルギー源のため欠かすことのできない栄養素の1つです。糖分の不足が起きると頭がぼんやりし思考力の低下したり、偏頭痛の原因にも繋がってしまいます。糖分は出来る限り必要量だけの摂取を心がけ血糖値の上昇を緩やかにすることが美容面においても大切です。

そして肌の糖化を防ぐ抗糖化作用の認められている食品もいくつかあります。しょうがやカモミールティー、グァバ、アサイーやドクダミには抗糖化作用があるとされています。なかなか常備しているものではありませんが意識的に摂るようにするだけでも効果を感じることができます。

少ない量の食事を細かく1日の中で摂ることで、空腹の時間が減り急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。さらに食事の際には野菜→たんぱく質→炭水化物の順で食べることで糖の吸収が穏やかになり満腹感も得やすくなります。最近では、糖質制限のダイエットや食事法がとてもメジャーになっていますが、糖質コントロールは脂肪燃焼効率を上げるだけはなく肌の糖化を防ぎ肌の透明感を保つ効果も実はあるのです。

このような毎日の食生活の積み重ねで糖化を予防することが出来るのです。もっと糖化を防止したい。老けたくない。と思う方は低GIの食品にも注目してみましょう。

例えば、毎日の主食を白米から玄米に変えたり豆腐や納豆などの発酵食品やわかめやモズクなど海藻類を積極的に摂るようにしましょう。

最近は、こんにゃくや豆腐の低GI食品を代用した麺や食品もコンビニなどで簡単に入手することができますので是非取り入れてみてください。そして、日頃からストレスをため込まないこともとても大切です。ストレスがたまると暴飲暴食ぎみになったり自律神経が乱れがちになるので体や肌のバランスを崩してしまいます。うまくストレス発散をして、自分にできることから少しずつ始めてみましょう。

肌の糖化に効果的なおすすめの化粧品は?

とはいえ、生活習慣を変えることは簡単なようで簡単ではありません。簡単に習慣が変えれるのであれば、誰でも簡単にダイエットに成功し世の中に数えきれない程のダイエット商品が出回ることもありません。
そんなときは、肌の糖化を抑える成分を含んだ抗糖化作用を持つエイジングコスメを使ってみてはいかがでしょうか?

肌の糖化は体の中から改善するとともに肌の抗糖化に着目したスキンケアを使用することで効果が見られます。糖化に効果のあるスキンケアの種類はまだまだ少ないのですが、その中でもポーラのB.A REDやディセンシア アヤナスには抗糖化成分が充実していますのでとてもおすすめのエイジングコスメです。

現代の女性に不足しがちなビタミンやミネラル、天然由来の植物エキスで癒しとエイジングケアのサポートをしてくれます。アヤナスは敏感肌でも使用することができ、肌の酸化に対しても効果を持っているのでシミやそばかすが気になる方にも幅広く使用することができます。

毎日のスキンケアを怠っていないのに一向に肌状態が改善されない、美白のスキンケアの効果がないなど悩みを抱えている方は、肌が糖化しているおそれがあります。一度、肌の糖化にしっかり対応している専用のエイジングコスメを試してみてください。

肌の糖化の改善は生活習慣から。

何気ない生活習慣がエイジングケアの邪魔をしていることがあります。思い当たる節があった方は今日から少しずつ意識して改善していきましょう。

甘いものなどの糖分は疲れを癒す効果がありますが、とり過ぎると体や肌の老化が早まり糖質自体に依存性を持っているためどれだけ食べても満足を感じることができず悪循環に陥ってしまいます。できることなら糖質摂取上限を設定して少量の摂取に抑えるようにしましょう。余計なものはとらず、使わず、自分に必要なものを見極めていきましょう。