ハイドロキノンクリームの口コミ人気ランキングを紹介。副作用がなく安全なのは?


あなたが今持っているハイドロキノンクリームは本当に安全でしょうか?
本来医師の管理下に置かれているような、海外製の強力なものではないですか?
濃度が濃すぎませんか?粗悪なものではないですか?
ここでは、元々肌が弱いとされる、日本人のために開発されたハイドロキノンクリームを紹介します。

日本人の肌に合わない美白クリームを使って、肌を痛めたり白斑にならない為にも、一度お手持ちのハイドロキノンクリームと使い比べてみてはいかがでしょうか?

いまおすすめのハイドロキノンクリームはこれ。

↓↓ 詳細は画像をクリック ↓↓

  • 色々試してきたけどシミに変化がない
  • 顔のくすみを何とかしたい
  • 年々シミが増えていく
  • 顔のトーンを明るくしたい
  • 本格的なアンチエイジングケアを今すぐ気軽に始めたい。
アンプルールラグジュアリーホワイトは、今まで私が使ってきたハイドロキノンクリームの中でも、もっとも早く、気軽に効果を実感できたおすすめな商品です。
ネットの口コミでも評価やハイドロキノンクリームのランキングサイトの順位も高く、リピート率も81%、数多くの有名メディアにも1000回近く掲載されてるうえにお肌の専門家のお墨付きももらっていますので安心感と信頼性も高いです。日本で初めて日本人の皮膚科医が「ハイドロキノン」を使ったスキンケア商品としても有名です。

アンチエイジングケアや美白ケアって毎日鏡を見て目に見えるシミやくすみの対策だけをしていても間に合わないんです。

今あるシミの美白ケアも目には見えないシミをもとからケアしていかないと根本的な解決ができません。

シミの原因となるメラニンと言えば紫外線の影響が頭に浮かびますが、それだけではなくニキビなどの肌の炎症でもメラニンは生成されてしまいます。

アンプルールラグジュアリーホワイトにはお肌の抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムや肌の潤いで満たしてくれるセラミド、メラニンを含んだ角質の排出を促進してくれるビタミンC誘導体などシミの根本原因からケアしてくれる心強い成分が数多く含まれているうえ、アンプルールの独自成分新安定型ハイドロキノンによってハイドロキノンが持つ副作用などの不安定な要素をしっかりカバーしています。

もうすでに目立ってしまっているシミにはスポット集中美容液で集中的にケアをすることもできます。この目的による使い分けって本当に重要です。

今なら初回限定トライアルセット(スポット集中美容液、化粧水、薬用美白化粧品、美容乳液ゲルの4本+美白クリーム、6500円相当)がわずか1,890円(税込でお試しすることができます。

トライアルセットは7日間分ですが、ラングジュリーホワイトの口コミを見ると1週間で透明感を実感した1週間で顔が明るくなったとの声が多く寄せられていますし私自身の実感としても7日分あれば変化を感じることができると思っています。

是非1度試してみてください。

今人気のハイドロキノンクリームをランキング形式でご紹介。

ここでは、今おすすめのハイドロキノンクリームをランキング形式にして紹介していきます。

各商品やメーカーごとにしっかりこだわりがあり特徴があります。各公式ホームページまでしっかり目を通して頂いてあなたに最適な商品が見つかれば幸いです。
アンプルール ラグジュアリーホワイト


アンプルール ラグジュアリーホワイトのおすすめポイント。
日本の女性皮膚科医が開発した美白化粧品
安定型ハイドロキノンを2.6%配合。肌への刺激も格段に少なく安全
メラニンを作らせず育てない。化粧水・美容液・クリームまでの全ライン薬用美白化粧品



ビーグレン シミくすみケア


ビーグレン シミくすみケアのおすすめポイント。
日本人が日本人のために米国で開発した美白化粧品
濃度を上げず、肌の奥深くまでハイドロキノンを浸透させられる
驚きの365日返品保証はビーグレンだけ


オバジニューダームスターターセット


オバジニューダームスターターセットのおすすめポイント。
日本人の肌の為にハイドロキノン配合量を調節した美白化粧品
ハイドロキノンを使うときに降りかかるリスクを最小限にとどめる
洗顔からクリームを塗ってUVケアまでをラインで用意しています


もっと紹介したいところですが、日本人の肌のことを考えられたハイドロキノンクリームは
驚くほど少ないのです。特にアンプルールは、国内の皮膚科にも置いてある安心の美白コスメです。
是非一度試してみてください^^

ハイドロキノンには危険性もある。


美白有効成分であるハイドロキノンは、その強力な漂白効果から美容分野で美白剤として用いられています。
医薬部外品としての扱いになりますが、皮膚科でも処方されています。

通常はハイドロキノン配合率が1%〜2%のものがハイドロキノン美白クリームとして市販されており、薬局などでもハイドロキノン配合クリームとして入手可能です。
しかし、アメリカでは、濃度2%以上のハイドロキノンクリームは、医師の管理下に置くほど強力な美白成分なんです。

少しでも濃度の高いものを選ぼうとするユーザーが多いですが、2%の範囲でも十分に効きますし高濃度ハイドロキノンは必ず医師の下で処方を受けて下さい。

ハイドロキノンの副作用


ハイドロキノンクリームなど、ハイドロキノン配合化粧品は、通常2%以下での使用が厚生労働省によって推奨されています。

ハイドロキノンの配合濃度が高いものを誤った使用法で使い続けると、かぶれ、肝斑(かんぱん)、敏感肌、乾燥肌の悪化発赤等の症状が現れます。もともとの肌質にもよりますから、症状が出た場合はすぐ使用を中止します。

また、紫外線により劣化し易く、劣化したものや海外の粗悪品を使用すると上記のような症状の原因となりますから必ず「安定型ハイドロキノン」タイプを選択します。

国産品の有名どころは必ずと言っていいほど安定型ハイドロキノンを用いた商品なので、日本人の為に開発されたものが無難でしょう。

ハイドロキノンクリームの正しい使い方

ハイドロキノンを使用した肌は、紫外線に対して極端に弱い状態にありますので、基本的にハイドロキノンクリームは就寝前に使用します。

また、3カ月とか6カ月とかずっと使い続ける基礎化粧品のようなものではありませんので、お気を付け下さい。

洗顔クレンジング⇒肌の余分な汚れを落とし、成分が浸透し易い下地を作ります

ハイドロキノンクリーム塗布

保湿クリーム⇒低刺激性のものを使います。通常はハイドロキノンクリームとセットのものを使用

UV対策→就寝前でも紫外線対策を行います。
注意点
ハイドロキノンのリスクを回避する為に、使用は就寝前に制限します。
ハイドロキノンを塗布した状態で外出しない。UVケアを必ず行う。
やむを得ず外出する時は、紫外線が当たらないようにする。
長期間の使用は避ける(長く使えば効果があるという類ではありません)

ページの先頭に戻る

ハイドロキノンクリームの疑問を総まとめ

近年日本でも徐々に人気が出始めメディアなどによる露出も増え認知されつつあるハイドロキノンクリームですが、2001年に薬事の規制緩和を受けたことでハイドロキノン配合化粧品として国内デビューを果たしてからまだほんの15年程しか経っていません。

 

ここでは、ハイドロキノンとはどんな物質でどんな効果を持っているのか?数ある肌トラブルの中でもどの症状に対して効果を発揮できるのかなどハイドロキノン配合化粧に関する疑問を探っていきましょう。

ハイドロキノンとは?どんな効果があるの?

数ある美白成分の中でももっともメジャーなハイドロキノンは、化学の世界では「ヒドロキノン」 (hydroquinone) と呼ばれ、強力な美白作用を持っていることから、アメリカにおいて色素沈着の治療薬として用いられるようになりハイドロキノンコスメとして化粧品にも取り入れられるようになりました。
もともとは写真を現像する際に用いていた還元剤やゴムの酸化を防止するための防止剤などに用いられており、写真の現像に携わっていた職人の手が徐々に白くなっていったことでハイドロキノンの持つ美白作用を発見したと言われています。

 

そもそも美白成分ってどんな働きをするの?

美白成分の1番の働きは、シミの原因物質であるメラニン色素を生成を抑えることです。
メラニン色素の生成は以下の過程で行われます。

メラニン色素の生成過程
1・紫外線が表皮に当たると表皮にある細胞(表皮細胞)からエンドセリンが分泌し危険信号が送られる
2・エンドセリンがメラニン工場のメラノサイトに伝達、チロシナーゼの働きによりメラニン色素に変換される
3・メラニン色素が分泌される
4・メラニン色素が表皮細胞に取り込まれる

美白成分と呼ばれる成分は、司令物質であるエンドセリンの働きを阻害しメラニンの生成を抑える働きしたり、メラニン色素への変換を手伝うチロシナーゼの働きを抑制する働きをすることでシミの原因をシャットアウトしています。

 

ハイドロキノンにはチロシナーゼの働きを抑制するだけではなくメラニン色素を作る細胞であるメラノサイト自体を減らす作用があると認められています。その高い美白効果は、一般的な美白化粧品に多く用いられるビタミンC誘導体などと比べて、濃度によっては100倍近い美白効果を得られる驚くべき美白成分です。

 

美容に関心がある方なら美白成分と聞くとコウジ酸やビタミンC、プラセンタなどが思い浮かぶ方も多いのではないかと思いますがハイドロキノンはこれらの美白成分とは一線を画す驚くべき作用をもっています。

 

それは、既に色素沈着が起きてしまった、過去のシミを取り去ることができる点です。

 

コウジ酸やプラセンタはメラニン色素を抑制するための未来のシミを抑える効果は期待できるもののすでに肌にできてしまっているシミに対しての働きかけはできないのです。

 

ハイドロキノンが一般的な使用をされる以前では、女性を悩ますエイジングサインの筆頭でもあるシミに対するケアはシミ予備軍であるメラニン色素に対する予防策が限界でした。

 

しかし、ハイドロキノンを使用することで、メラニン色素を生成の原因となるチロシンを還元(酸化した状態から元の状態に戻すこと)することができるため既に肌に沈着したメラニン色素を取り去ることができるのです。

効果が得られるハイドロキノンの濃度は?

前述の通り、美白力、漂白力の高いハイドロキノンは、扱い難しかったことや「ハイドロキノンベンジルエーテル」という薬品(ハイドロキノンとは別ものです)が白斑などの副作用や肌トラブルをおこしたことなどにより厚生労働省による規制がかかっていました。作用が穏やかなハイドロキノン自体には重篤な副作用などはありませんでしたが、成分構造が非常に似ているために同じタイミングで規制がかけられたようです。

 

そのためヒドロキノンは、美容皮膚科などの医療機関でドクターによる処方を受ける以外に入手することができませんでした。

 

2001年の薬事法改正によりハイドロキノンを化粧品へ配合することは許可されましたがハイドロキノンを使用する際の濃度については、法律によって定められております。

 

日本では、1%から4%までの配合濃度が厚生労働省により許可されており、それ以上の配合濃度を持ったものに関しては専門医師による許可が必要になります。

 

一般的に医師による許可を得ることなく購入することのできる化粧品に含まれるハイドロキノンの配合濃度は1%から3%の商品が多く、刺激も少なく安全性も高いため初めてハイドロキノン化粧品を使う方や肌に対しても刺激に弱い方にはおすすめです。

 

配合濃度4%の商品は、即効性もあり美白効果も高いですがその分肌に対する刺激が強く肌がヒリヒリしたり、赤みを帯びたりしてしまう方も多くいます。ヒリヒリ感を感じたり肌が赤くなってしまうのは肌の警告ですので使用頻度を下げる、使用を控えるなどのトラブルを避けるための自己管理が必要になります。

白斑になる可能性はないの?

美白化粧品で1番の心配になるのが肌の色素がなくなってしまい斑状に白くなってしまう白斑症状です。

 

本物の美白効果、漂白効果を持ったハイドロキノンだからこそ白斑に対する心配は余計気になってしまいます。

 

でも実は、現状、ハイドロキノンでのスキンケアによる白斑症状は確認されておりません。

 

しかし、長期間に渡る継続使用や配合濃度5%を超える高濃度のクリームに対しては、白斑のリスクを完全には否定できないといった見解があるのも事実です。ですが、2〜3%程度の化粧品程度では、白斑のリスクは特に心配する必要はないと考えられています。

 

白斑の発生リスクを上昇させないためにも、ハイドロキノン化粧品の使用期間や濃度には十分注意したいところです。(ハイドロキノンは全体に使うのではなく、気になる部分にポイントとして使うようにしましょう。)

どんな症状に効果的?

一般的にハイドロキノン化粧品による美白ケアは以下の症状に対して効果的と言われています。

シミ・そばかす・肝斑・クマ・肌の黄ぐすみ・色素沈着によるニキビ跡・老人性色素斑・脂漏性角化症・炎症性色素沈着

ハイドロキノンの美白作用は肌老化によって現れるシミ症状全般に効果がありますが、肌全体というより「濃いシミのスポットケア」としての利用が適しているとされています。

 

クリニックでのレーザー治療では必ず併用され、美白治療をより効果的にする役割を担います。ビタミンA誘導体であるトレチノインは良くハイドロキノンと併用されますが、トレチノインは赤みを強くするため、レーザー治療と併用できず、その点でもハイドロキノンはクリニックで良く使用されているのです。

ハイドロキノンの安全性は?

アメリカ食品医薬品局(FDA)では、発がん性の懸念があるとして、一般用医薬品での店頭販売禁止を提案した経緯もあります。
ラットによる実験では、腫瘍・甲状腺がん・白血病・などの発生率上昇が認められたという報告もあります。
ヨーロッパでも、実験により発がん性が認められ、使用が禁止されている国もあります。

 

しかし、用法・用量を守っていれば、このような心配はありません。

 

ハイドロキノン自体は、可逆性の臨床効果を持っているので、安全性は高いですが、個人差がありますので、炎症性の皮膚炎には注意が必要です。

 

濃度の高いハイドロキノンの使用には、病院では必ずパッチテストを行っています。ハイドロキノンによって起こる皮膚反応としては、かゆみ・かぶれ・赤み等があり、強い紫外線が当たると、逆にシミが濃くなるといった反応も起こります。
ですから、日中の外出にUVクリーム等の日焼け止めは必須となります。使用する時間帯にも気を付けたいところです。

肌トラブルを起こさない為の使用上の注意点

紫外線に注意。

日中の使用は、紫外線によりシミが濃くなる危険性があります。就寝前のスポットケアが理想的です。

ハイドロキノン自体の酸化に注意。

酸化したハイドロキノンは肌への刺激が強くなります。必ず1ヶ月程度で使い切るか、期限の過ぎたものは破棄します。

ハイドロキノン配合濃度に注意。

海外から個人輸入して濃度の高いものを入手することができますが、絶対に避けましょう。