目元の小じわの原因と目もと小じわにおすすめのクリームとパックを紹介。

目元は、顔の第一印象を決めてしまう重要なパーツです。

目元の第一印象で「疲れてるみたい。」「しわがあるし、老けてるな。」などと感じ取られてしまうと、その印象が続いてしまいます。

見た目が実年齢より老けて見られるのは悲しいですよね。

目元の小じわを改善するだけで、印象は大きく変わります。

今回は、目元の小じわの原因とおすすめクリーム、エッセンスやパックをご紹介します。
目元のしわを改善して、若々しく生き生きした目元を目指しましょう。

目もとの小じわの4つの原因とは?

典型的なエイジングサインである目もとの小じわには大きく分けて4つの原因があります。

 

・保湿不足
・過剰なメイク落とし
・紫外線によるダメージ
・目の疲れ・乾燥

 

原因1『保湿不足』
皮脂と汗が混ざり合う皮脂膜が作られにくく、皮膚が薄く繊細でダメージを受けやすい目元は、水分を蓄えておく力が少なく、とても乾燥しやすいのです。
なにより、保湿とうるおいを与えることが大切です。乾燥によるしわは、それだけでもかなり改善します。
原因2『過剰なメイク落とし』
アイメイクを落とすときにこすっていませんか?
強くこすると、デリケートな目元にはかなりの刺激になってしまい、肌のたるみにもつながってしまうので、絶対にNGです。
原因3『紫外線によるダメージ』
なんといっても、肌の老化原因の大きな割合を占めるのが、紫外線です。
日焼け止めをこまめに塗りなおしたり、日傘や帽子を活用しましょう。

地面からの照り返し対策のためには、UVカットのサングラスも大きな効果があります。目から入る紫外線の影響は侮れません。サングラスをかけると、疲れ方がぜんぜん違いますよ。
原因4『目の疲れや乾燥』
パソコンやスマホを使いすぎて、目が疲れていませんか。
スマホの画面を眉間にしわを寄せて見入っている人も多いのですが、目の筋肉が必要以上に収縮し、しわの原因になっています。

パソコンの光カットのPC用のメガネを使ったり、ときどき目を休めたりツボ押しをして、目の疲れを緩和しましょう。

目もとの小じわケアにおすすめのアイケアクリームとパックを紹介。

皮膚が薄くデリケートな目元には、保湿の後に、専用のアイケア用品を使うのがおすすめ。
皮脂がない目元には、アイケア用品で油分や美容成分を補ってあげましょう。伸びがよく肌への刺激が少ないものを選んでください。

POLA  サインズショット
長年研究を続けているPOLAで開発されたサインズショットは、年齢肌用の美容液で、顔の動きによる表情圧に着目したものです。

各美容雑誌でベストコスメを続々受賞した誰もが認める美容クリームなのです。

そのターゲットは、目元だけではなく、年齢が気になる口元にも効果があります。
濃密なクリームは、伸びがよく、気になる部分にぴったり密着してベストな肌コンディションを整えます。
続けて使って、ピンと弾むハリを実感する人が多数です。

ビーグレン トータルリペアアイセラム
肌への浸透の深さにこだわった美容クリームが、トータルリペアアイセラム。
目元の薄い皮膚しっかりとどまって働く独自の複合成分が配合されています。

眼の構造に合ったアプローチで、目元のしわだけでなくまぶたのたるみやゆるみにも効果があります。
使っていくうちに、小じわが減り目元口元がピンとするという口コミ多数。
さらっとしたテクスチャーが良く伸びて使いやすいクリームです。

3.OLBIS アンチサインズエッセンス
デリケートな目元口元のハリと弾力を支え、潤いを与えます。

オルビス独自の「持続性レチノールカプセル」が少しずつ肌の上で溶け出し、肌の土台に総合的に働きかけます。
レチノールは、コラーゲンの働きを高める優れた効果があるものの、構造が壊れやすいデリケートな成分です。
オルビスは、そのデリケートな成分の安定性を高め、効果が発揮できるよう生態系保湿成分からなるカプセルに閉じ込めたのです。

3.OLBIS アンチサインズエッセンス
濃密な泡で密着させるので、シートパックでは密閉できない目の周りにもフィットします。

泡の密閉浸透感が美容成分を浸透させる贅沢なパックです。

専用のアイケア製品だからといって、それさえつけておけば万全というわけではありません。

リッチな美容成分をしっかり浸透させるためには、保湿はおざなりにできません。
クリームやエッセンスをつけるときは、目元のしわを伸ばし、その間にもやさしくトントンと浸透させましょう。
決して、すりこんだり、強く擦ってつけないよう気をつけてください。

目もとの小じわを改善するには毎日のケアが必須。

乾燥によるしわも、たるみによるしわも、効果を感じるには、毎日のケアをきちんと続けていくことが大切です。
全身の中でも特に薄い目もとのケアだからこそ慎重に丁寧に行いましょう。

目もとの小じわを気にして、笑顔をためらわずにすむように、きちんとケアして、いつまでも若く美しい目もと美人を目指していきましょう。