顔や頬がピリピリ痛い|敏感肌でも安心して使える化粧品はこれ。

乾燥の厳しい時期や、紫外線のキツイ夏の日なんかは当たり前で特に肌に負担をかけていないつもりでも顔が頬がピリピリ痛むそんなことありませんか?

あなたの肌は気づかない間に敏感肌や乾燥肌、ビニール肌などの角質層が薄く菲薄化(ひはくか)し、ほとんど角質層がなくなっている危険なトラブル肌に変化している可能性があります。角質のバリア機能を失ったトラブル肌は、外部からの刺激やダメージを直接受けてしまう肌にとって非常に危険な状態です。

いつから治ると油断せずに今からできる対策をとりましょう。

顔のピリピリを引き起こすトラブル肌の原因は?

前述の通り顔や頬がピリピリと傷んだり、さらにひどくなると皮膚が赤くなったり痒くなったりするのはあなたのお肌がトラブル肌に変化しているから。一言にトラブル肌と言っても大きく分けて3つの状態と原因があります。
乾燥肌
乾燥肌とは、通常健康な肌の角質層には約30%の水分が含まれていますが、この水分量が30%を下回った状態を言います。肌の中にある天然のバリアであるセラミドや遊離脂肪酸などの保湿成分が減少することによって外部からのダメージを防げずに顔や頬にピリピリを感じる炎症おきるようになります。

実は、お肌の水分量は本来の持つカラダの力だけでは生まれた時から減少する一方で増えることはありません。年齢を重ねれば重ねるほど水分量は減っていくためしっかりと潤い補給をするためのケアを行う必要があります。
乾燥肌による顔のピリピリに関しては、角質が厚くなり肌にごわつきを与えることもありますが、バリア機能は働いていないため顔はピリピリしつつも肌は硬くなりシワっぽく見える最悪な状態となることもあります。
敏感肌
乾燥肌と敏感肌は似て非なるもので、別物です。敏感肌とは、化粧品や洗剤などの成分が普通の人よりも反応してしまう肌のことを言います。医学的に正しく定義されているわけではなく、あくまでも敏感に反応しやすい肌の総称のようなものです。前述の乾燥肌を数ある敏感肌のうちの1つで乾燥性敏感肌と呼ばれたりします。

敏感肌は、アレルギーや精神ストレス、食生活の影響を受けて突然発症することも多くあります。肌や顔がピリピリと痛むメカニズム自体は、肌のバリア機能である角質の水分量の減少や角質そのものが薄くなる:菲薄化のという点は乾燥肌と変わりません。
ビニール肌
ビニール肌とは、角質層が削り取られ肌のキメが見当たらないほどの不自然な肌状態を言います。 ビニール肌の原因は、間違ったスキンケアによるものが1番多いとされており、クレンジングで必要以上の油をとってしまったり、洗顔時に顔を強くこすり過ぎてしまうことなどよって起こります。肌の古い角質を取ろうと一生懸命ピーリングを行った結果ビニール肌になってしまうというケースは非常によくあります。

さらにビニール肌の恐ろしいところは、肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期を乱すキッカケとなってしまう点です。年齢を重ねるとターンオーバーの周期間隔は広がっていきますが、過剰に肌をケアしすぎるとターンオーバーの周期間隔は短くなり不完全で未熟な角質を肌の表面に押し上げるようになってしまいます。未熟な角質では外部からの刺激から肌を守りきることができずにその結果、顔のピリピリを引き起こすようになってしまいます。

顔がピリピリする方におすすめの低刺激コスメはこれ。

顔がピリピリする人は、ほぼ間違いなく敏感肌や乾燥肌、ビニール肌になっていると言ってよいでしょう。
そんな時は必ずトラブル肌専用の低刺激コスメを選択する必要があります。

アヤナス

ディセンシア アヤナス
POLAオルビスグループのディセンシア。アヤナスは超敏感肌やトラブル肌のためのエイジングケア化粧品。
ディセンシアは、トラブル肌専用コスメを得意分野にしている今代注目のブランドです。

数ある女性誌のベストコスメ大賞を総ナメにしているという事実が高い効果と人気の裏付けをしています。


メディプラスゲル

;
メディプラスゲル
低刺激のオールインワンとして不動の人気を誇っているメディプラスゲル。オールインワンゲルは肌に触れる回数自体が激減するためトラブル肌の方にはおすすめです。

ヒフミド

ヒフミド
人型セラミドをたっぷり配合した小林製薬の高保湿化粧品。
使用する年齢層は若干高めの商品です。

肌そのもの健康状態を回復しながら肌にとって最大の刺激となる紫外線対策も同時に行うようにしましょう、。その際に行うUVケアも忘れずに低刺激性のアイテムを選ぶようにしてください。敏感肌用の美白化粧品は低刺激性でおすすめです。

思い当たる節のある人は、一度試してみて下さいね。

顔のピリピリにはセラミド補給が効果的

健康な肌は肌の表面に皮脂膜がしっかりと覆われていて、肌内部の細胞一つ一つもしっかりと詰まっています。細胞角質細胞間脂質であるセラミド成分が高密度でつまった肌は、天然のバリア機能が働き刺激に対して強固な防衛システムが築かれています。この状態の肌では、紫外線や乾燥の影響ぐらいで肌や顔がピリピリすることはありません。

トラブル肌を遠ざける強固な肌バリアを作るには、角質のすみずみまでセラミドを浸透させ水と結合させることで肌の中にラメラ構造を作ることが大切です。ラメラ構造に組み込まれた水分は例え湿度が0%になっても蒸発することはなく高い保湿性・保水力を保つことができます。

乾燥肌や敏感肌で皮膚の角質が薄く、もろくなっている場合は最優先でセラミドを補給して天然のバリア機能の回復を図るようにしましょう。セラミドは、原価が高く擬似セラミドと呼ばれる効果を真似ただけの類似成分を使った商品も広く出回っています。そのような質の低い化粧品を使っていても高い効果を得ることはできませんので、必ず成分名を確認し「セラミド〇〇」(〇〇の部分に1や2などの数字が入っているもの)の表記がある商品を選ぶようにしましょう。できれば、セラミドのナノ化など浸透率をあげる工夫をしている商品が望ましいです。

ビニール肌の対策の鍵は角質培養。

過度なスキンケアが原因となるビニール肌の対策の鍵を握るのは菲薄化してしまった角質を培養しターンオーバーの周期を正常化させることです。
うまく角質を培養するために以下のポイントを徹底しましょう。
角質培養するためのポイント
  • 過剰なスキンケアをせず最低限のケアを行う
  • トラブル肌専用低刺激コスメを使う(必須)
  • 肌にむやみに触らない、こすらない
  • 正しい生活習慣を意識する

顔のピリピリについてのまとめ

美意識が高いあまりに気づかぬうちに肌に対して想像以上の刺激を与えてしまい、肌の持つ本来のポテンシャルを落としてしまうことは多くあります。

スキンケアやエイジングケアをうまく行う秘訣は、本来のカラダが持つ力をあくまでも支える、補うスタンスで行うことです。肌に毎日寄り添えば寄り添うほど自分の肌のことがわかりスキンケアが楽しくなり色々なことを試してみたりしたくなりますが、時には何もしないことも大切なケアの1つだと思って過剰なケアを行わないようにしましょう。