トレチノインの美容液は個人で購入できる?自宅で使用する際の注意点

エイジングケアにとって、シミやくすみの美白ケアは基礎中の基礎と言っても過言ではないでしょう。

現在のところ肌の美白に効果があるとされる成分が

「ハイドロキノン」と「トレチノイン」です。

特にハイドロキノンは現在開発されていいる成分で
最も効果のある美白成分です。
ハイドロキノンはこんな成分
ハイドロキノンは本来無色の固体で、美容液に配合されて用いられます。
強力な漂白作用が特徴ですが、なぜ美白されるかという理由は至って単純です。

それは皮膚でメラニンを生成する酵素の働きを阻害し、
メラニン生成を抑制するというものです。
まさに美白の理にかなった成分がハイドロキノンです。

トレチノインはこんな成分
トレチノインとはビタミンA(レチノール)の誘導体です。
このトレチノイン(レチノイン酸)は、もともと血液中に流れているものですから、
アレルギーを起こすことはありません。

トレチノインの皮膚に対する作用

肌のターンオーバーを促進させます

古い角質をはがします

皮脂の分泌を抑制します

コラーゲン分泌を促し、長期作用としてハリのある肌、小じわを改善します

ヒアルロン酸などの分泌を促進し、皮膚の潤いを取り戻します


肌のエイジングケアにとってまさに良いことだらけの成分ですが、
米国においてはしわ・ニキビの治療医薬品とされている為、
日本国内での使用には細心の注意と正しい使用法の理解が必要です。

トレチノインはどこで手に入るか

米国においてトレチノインはFDA(日本でいえば厚生労働省の直属機関のひとつのようなもの)の認可を受けておりしわやシミ・ニキビの治療医薬品として用いられておりますが日本では認可されていません

つまり、日本においては無認可薬な訳ですから、その辺の薬局では決して手に入るものではありません。

ハイドロキノンとトレチノインの決定的な違い

ハイドロキノンは化粧品として国内で入手可能。トレチノインは不可能。


なぜなら・・・

トレチノインは日本国内の薬局、化粧品売り場や通販で販売してはいけないからです。
一部の皮膚科など、病院でのみ処方が許可されていますが、
もちろん無認可ですので保険は使えません。

しかしながら日本でトレチノインの使用ができないわけではありません。
私達個人がトレチノインの美容液を使う方法は主に2通りあります。

トレチノインを使用する方法その1

専門の病院で処方を受ける
トレチノインの取扱いは、皮膚科で認められております。トレチノインを用いたトレチノイン療法の権威が東京大学医学部附属病院です。

ですから、東大式のノウハウを持っている病院やクリニックで処方を受けることをお勧めします。
高いお金を払って粗悪なクリームを出されてはたまったものではありません。

トレチノインを使用する方法その1

通販で購入する
通販禁止なんじゃなかったの?という声が聞こえてきそうですが、個人で購入できる唯一の方法が個人輸入です。
個人輸入出来るトレチノインは、オバジ ニューダームシリーズが有名です。
ロート製薬が販売元のオバジシリーズとは全くの別物ですのでご注意ください。

オバジ ニューダームシリーズは、国内のクリニックで処方される製品そのものです。
東大式トレチノイン療法で用いられるクリームは、残念ながら通院しなければ
処方は受けられません。

オバジ ニューダームシリーズはいくら?

オバジニューダームシリーズの価格は
32900円(送料無料)です。
別途トレチノインが必要ですから、濃度0.05%(初めてならこちら)でしたら+5980円、0.1%でしたら7170円がプラスになります。

オバジニューダームの取扱店は国内にはありませんから、高いか安いか決めるのは
あなたの価値観ということでしょう。

オバジの処方を美容皮膚科で受けるとだいたいこのぐらいかかります。
【参考】美容皮膚科でのオバジシリーズの価格
\73500→価格表(下の方にオバジがあります)
\94500→価格表2
\89423〜価格表3

【参考】オバジシリーズを処方した症例集
症例集1
症例集2(上部スキンケア欄のみ)
オバジニューダームシリーズの取扱店、購入先
株式会社ネステックジャパン(NessTech International Inc.)
少し昔の話ですが、「ビリーズブートキャンプ」を輸入して安く販売していた会社ですね。

注意事項
トレチノインを用いたオバジニューダームシステムは、自宅でできるメディカルスキンケアですが、本来は医師の管理下で行うスキン・ヘルス・プログラム です。

 

・オバジ トレチノインクリーム単体での使用は
絶対におやめください。

 ニューダームとのシリーズ使いが必須です。

 

・販売サイトの使用法、日本語解説書を熟読の上、正しく使用してください。

 

・トレチノインは国内において無認可の成分となります。個人での使用は自己責任です。

 

※誤った使用法は、皮膚の炎症やただれ、シミの悪化を招く場合があります。
個人輸入や副作用が心配な方、自己管理に自信がない方にはハイドロキノン配合化粧品を強くおすすめします。
ハイドロキノンには十分な作用がありますから、トレチノインを使う前に
ハイドロキノンを試してみてからでも遅くはないと思いますよ^^