超敏感肌におすすめの美白化粧品 ディセンシアサエルの効果や口コミを紹介

ディセンシアサエルは、敏感肌の人でも安心して使えるアンチエイジングケアブランド「ディセンシア」の美白ケアラインの化粧品です。大手化粧品メーカーPOLA・オルビスグループから誕生し、発売直後から人気美容雑誌にも多数取り上げられ、多くの方に支持されています。

美白ケア商品が数多くある中でディセンシアサエルが人気の秘密はどこにあるのでしょうか?成分や特徴・口コミでの評判など人気の秘密を様々な角度から徹底解明していきます。

敏感肌の人が紫外線を浴びるとどうなるの?

敏感肌の人の中には

 

・美容液の刺激が強すぎてかゆくなったり赤くなったりする
・肌が荒れるのが怖くて使えない
・効果が全然でないからあきらめている

 

このような理由で美白ケアをあきらめている方が多くいます。敏感肌女性の70%ほどが美白効果を感じないとのデータもあります。

敏感肌の状態というのは、角質層の表面の外部刺激から紫外線から肌を保護するバリア機能が弱まって細胞がスカスカになっています。

そのため、紫外線を浴びると刺激がどんどん肌の奥に入ってしまい肌内部は常に炎症・酸化状態になり、肌の機能はますます悪化するという悪循環に陥ります。そしてそのままケアをせず放置してしまうとシミやしみだけでなく、たるみやしわと幅広いエイジングサインの発生に繋がります。

紫外線にさらされた敏感肌の女性の肌は、常に悪循環を繰り返しているためどんなに美白ケアをしても肌が追い付いていない状態となっています。

敏感肌だと美白が効きにくいといわれるのはこのためです。ですので、敏感肌の人は普通の人よりも徹底した紫外線対策や美白ケアをする必要があります。

敏感肌の方は紫外線によるダメージを健康な肌の方よりも受けやすい環境にあるため、紫外線対策をしっかりとすることがエイジングケアをする上で何よりも重要です。

肌のバリア機能を回復し肌を自然な状態に戻し健康にしながら、ダメージを受け炎症している部分を沈めてあげる必要があります。

ディセンシアサエルの効果を支えるホワイトサイクルシステムとは?

ディセンシアサエルの高い人気を支えているのが、ホワイトサイクルシステムと呼ばれるディセンシア独自の特殊技術やスペシャル成分の存在です。

ディセンシアサエルの売りであるホワイトサイクルシステムが肌に与える効果は全部で3つ。
バリア機能を高め透明感をupする
酸化や炎症をしずめ美白成分が浸透しやすい肌に整える
メラニンを徹底ケアして白く美しい肌に仕上げる
肌のバリア機能を高め透明感をupする

特許取得の「ヴァイタルサイクルベール」がアレルゲンや紫外線など外部刺激が入りやすくなっている敏感肌の肌表面をしっかりガードします。独自成分のセラミドナノスフィアという、人間と同じセラミド構造の「ヒト型セラミド」が配合されています。通常セラミドの4倍の保湿力ですみずみまで保湿してくれます。

「刺激から守る」「うるおいを保つ」という二つの効果でバリア機能を高めターンオーバーの正常化に近づけます。

また、肌に透明感を与えるとして多くの化粧品にも使われているハトムギ種子より抽出された「白様雪」が内側から肌に透明感を与えます。

酸化や炎症をしずめ美白成分が浸透しやすい肌に整える

ダメージを受けた肌内部に効果的な成分が、健康な肌の土台を作り美白成分が浸透しやすい肌に導いてくれます。

 

・コウキエキス(抗酸化・抗炎作用)
抗炎症力が高くメラノサイトの刺激を抑制

ムラサキシキブエキス(高抗酸化)
スーパーオキシド分解・フリーラジカル除去・活性酸素の抑制の3大抗酸化効果を持つ

・アルニカエキス(抗酸化)
ハーブの一種。血行促進効果や抗炎症作用がある

・グリチルリチン酸2K(抗炎症)
漢方にも用いられる炎症を抑える効果が高い成分。

 

メラニンを徹底ケアして白さを実現
シミやくすみの元であるメラニンを新たに「作らせない」「黒くさせない」ために様々なアプローチで徹底ケアして美白を実現します。
・エスクレシド
ポーラ研究所の独自成分でメラニンが合成される元となるチロシナーゼの生成を阻害します。

・アルブチン(チロシナーゼ活性抑制)美白有効成分
チロシンにチロシナーゼよりも早く合体して、チロシナーゼをはねつけメラニンの合成が起こらないようにします。

・セイヨウノコギリエキス
メラノサイトで生成されたメラニンが肌の表面(表皮)に伝達されるのを抑制し外に押し出されないようにします。

・デイリリー花発酵液(黒色メラニン生成抑制)
メラニンには肌色と黒色の2種類があり、黒色のものはシミのもととなるため、肌色化促進作用のあるこの成分が入っています

・ムラサキシキブエキス(酸化反応抑制)
チロシナーゼとチロシンはメラニンに合成されるたびに酸化し黒い色素を作り出します。ムラサキシキブエキスの抗酸化力で酸化を抑制します。

・ビタミンC誘導体
黒色メラニンをもとのチロシナーゼと白いチロシンの状態へと戻す働きをします。できてしまったシミ部分にも効果があります。

ディセンシアサエルの敏感肌に優しいこだわりとは

ディセンシアサエルは美白効果の高さだけではなく、敏感肌専門ブランドだからこそ安心して使えるためのこだわりが多数あります。
サエルの敏感肌へのこだわり
・アルコール・香料・紫外線吸収剤不使用(肌に低刺激)
・開発製造のすべての責任をもって自社グループのPOLA工場で生産
・皮膚科医立ち合いのもと安全性テストを実施
・高純度・高機能で安心な成分のみを厳選して使用
このように、デリケートな敏感肌の人に優しい配慮がしっかりされているのも人気の秘密となっています。その安全性の高さから「妊娠中でも使える美白」としても評判です。

ディセンシアサエルの口コミ評判をまとめました

ディセンシアサエルを実際に使っている生のユーザーの口コミを集めてまとめてみました。敏感肌の女性の口コミを中心に集めてみましたので是非商品選びの参考にしてみてください。

 

ディセンシアサエルの良い口コミ
口コミ@
敏感肌で、クリームを塗った感触が好きではなかったが塗ったあと刺激もなく、肌がかゆくなることもないので使い始めてから肌の調子がよい(35歳 敏感肌)
口コミA
出産前後なぜか肌が敏感になり、今まで使っていた化粧品があわなくなったがこれはかゆみや刺激がないのに潤ってすごくよかった(33歳 敏感肌)
口コミB
敏感肌で季節の変わり目はどんな化粧品を使ってもピリッとすることが多かったが全く刺激がなくよかった。どれもさっぱりした使い心地だったので冬は物足りないかも??(38歳 敏感肌)
口コミC
敏感肌なので普段から肌につけるものには気を使っているが、1年近く使っているが肌に本当に優しいと思う。シミが薄くなり肌のトーンが明るくなった気がする(23歳 敏感肌)
口コミD
さらりとしたみずみずしい使い心地で、少し吹き出物・肌荒れがある時でもしみず、低刺激なのがよかった(35歳 脂性肌)
サエルの口コミを見てみると美白化粧品は保湿力が低めのものが多いなか、サエルは低刺激なのに他の美白ケア品より保湿力が高いとの声が多くみられました。

 

では次に悪い口コミを見てみましょう。
口コミ@
・使用感がさっぱりしすぎてものたりなかった(36歳 敏感肌)
口コミA
・肌のコンディションが不安定なときに使い始めたら合わなかった(29歳乾燥肌)
口コミB
・値段が高い。もう少し安ければ続けれるのに、、、(25歳 敏感肌)
口コミB
・即効性を期待していたがしみがすぐには薄くならなかった。(31歳敏感肌)
悪い口コミには、物足りなさというキーワードが目立ちました。サエルは、肌への刺激を抑えた優しい商品のため物足りなさを感じてしまうのも確かにあるのかなと感じました。

ディセンシアの他のエイジングケアラインの商品に比べると確かにさっぱりした使用感なので、冬場乾燥する時期にはディセンシアの保湿ライン「アヤナス」を、紫外線のダメージが特に強い夏場は「サエル」と両者を使い分けている方が多いようでした。

ディセンシアサエルを試すならお試しセットから

口コミで、敏感肌の多くの方から刺激が少なく使い心地がよいと高評価だったディセンシアサエルですが、興味があるけど自分の肌に合うか心配、、、という方もいるかと思います。

初めて購入する方対象の「サエルトライアルセット」というお得なセットがあるのでまずはそこからお試ししてみるのが安心です。

化粧水・美容液・クリームの3点が10日間分試せてわずか1,480円です。

素肌っぽいのに肌自体を綺麗に見せてくれると評判のCCクリームのサンプルも1回分ついてきます。

万が一肌に合わなかった場合でも30日間以内なら全額返金保証もついてますので安心してお試しすることができます。

敏感肌の人が紫外線を浴びるとどうなるの?

敏感肌の人の中には

 

・美容液の刺激が強すぎてかゆくなったり赤くなったりする
・肌が荒れるのが怖くて使えない
・効果が全然でないからあきらめている

 

このような理由で美白ケアをあきらめている方が多くいます。敏感肌女性の70%ほどが美白効果を感じないとのデータもあります。

敏感肌の状態というのは、角質層の表面の外部刺激から紫外線から肌を保護するバリア機能が弱まって細胞がスカスカになっています。

そのため、紫外線を浴びると刺激がどんどん肌の奥に入ってしまい肌内部は常に炎症・酸化状態になり、肌の機能はますます悪化するという悪循環に陥ります。そしてそのままケアをせず放置してしまうとシミやしみだけでなく、たるみやしわと幅広いエイジングサインの発生に繋がります。

紫外線にさらされた敏感肌の女性の肌は、常に悪循環を繰り返しているためどんなに美白ケアをしても肌が追い付いていない状態となっています。

敏感肌だと美白が効きにくいといわれるのはこのためです。ですので、敏感肌の人は普通の人よりも徹底した紫外線対策や美白ケアをする必要があります。

敏感肌の方は紫外線によるダメージを健康な肌の方よりも受けやすい環境にあるため、紫外線対策をしっかりとすることがエイジングケアをする上で何よりも重要です。

肌のバリア機能を回復し肌を自然な状態に戻し健康にしながら、ダメージを受け炎症している部分を沈めてあげる必要があります。